本気で転職すると決めたら、上司にはいつ報告する?転職先の会社はどれくらい入社を待ってくれる?保険や年金の手続きなど何が必要?ここで学んで転職への不安を取り除こう!やると決めたあなたを応援します!

2017年01月の記事一覧

学生のカメラマンや転職について

現在、学生生活を送っている方も、社会人として生活している方もいるのではないでしょうか。学生からカメラマンになる場合は、写真専門学校や映像の専門学校を卒業する必要があります。勿論、写真系の大学も中にはありますので、大学に行くのも一つの方法ではないでしょうか。カメラマンと言うと日本では映像の事を指しますが、海外では写真撮影をする人をフォトグラファーと呼び、映像を撮る人がカメラマンと呼ぶのが一般的です。写真を学ぶにしても映像を学ぶにしても、最終的にはカメラマンになるかフォトグラファーになるかで、写真や映像を撮る仕事をする場合に多種多様な方法があります。会社に入る場合は、何を撮るかの分野で大きく異なります。報道やスポーツを撮りたければ、新聞社、通信社やTV局に入って仕事をします。コマーシャルやファッションを撮りたければ、スタジオに入社するのではないでしょうか。勿論、写真の場合は撮るだけが仕事ではありません。昔はフィルムでしたが今はデジタル写真なので、デジタル写真をプリントするラボに就職する方もいます。中には、写真専門学校や映像専門学校を出ずに転職をしてくる方もいるのではないでしょうか。転職をする方の場合に資格などは必要ありませんが、写真や映像の基礎知識からでも仕事をしながら学ぶと吸収が早くなります。勿論、転職からの場合は未経験の求人を選ぶようにしないと、技術に対してハードルが上がりますので、注意が必要です。今は写真専門学校や映像の専門学校を出ても、卒業生全員がその道に就職せずに一般企業に就職をする方も中には多いので、個人、個人に合った仕事ができれば離職も少ないのではないでしょうか。学生の方は、進路を上手に検討する事が重要です。

続きを読む