本気で転職すると決めたら、上司にはいつ報告する?転職先の会社はどれくらい入社を待ってくれる?保険や年金の手続きなど何が必要?ここで学んで転職への不安を取り除こう!やると決めたあなたを応援します!

転職に伴い必要となる保険や年金の手続き

転職する際には、健康保険、厚生年金、雇用保険の3セットの移動が必要となります。
これらの3点について必要な手続きをお話したいと思います。
まず、健康保険についてですが、就職が既に決まっている場合は、新しい会社の手続きを済ませることで、直ぐに新しい健康保険への切り替えが可能ですから心配いりません。
健康保険証の発行に時間がかかる場合がありますが、事前に健康保険の資格取得証明書を会社に発行してもらえば、病院にかかってもその証明書が、健康保険証と同じ効力を発揮します。
もし、次の就職先が直ぐに決まっていない場合は、管轄の区役所もしくは市役所の国民健康保険課で国民健康保険加入の手続きが必要です。
新しく会社へ入るときは、新しい会社で健康保険の資格を取得後、国民健康保険の資格喪失の手続きが必要ですので注意してください。
年金保険に関しては、各健康保険組合を通して、もしくは直接年金保険機構へ会社側から手続きを行ってくれますので心配ありません。
もし、職を失って年金保険を支払えない状況がある場合は、直接年金機構へ、もしくは区役所や市役所の年金取扱い窓口に相談することで、収入が無い期間の支払いの免除を受けることも可能です。
雇用保険に関しては、直ぐに就職が決まっている場合は、再就職手当てを取得することが可能です。
管轄のハローワークへ離職票を持参し、証明書を発行してもらい、就職先の会社へその書類を提出します。
約1ヵ月半ほどで、その企業であなたの在籍が認められれば、再就職手当をもらうことが出来ます。
また、直ぐに就職できない場合は、出来るだけ早く離職票を持ってハローワークへ行きましょう。
自己都合で退職の場合は、ハローワークへ届け出た日から手当てを受けるまでに時間がかかりますので、注意が必要です。
再就職の際には、以前勤めていた雇用保管の加入証明書が必要となりますので、用意しておきましょう。

転職を決めたら上司にはいつ報告するか

現職の会社を退職し、別の会社への転職を願っている人は少なくないものです。
実際に現職の会社に勤務しながら、水面下で転職活動を進めてきたという方も多いことでしょう。
こうした就職活動が成功し内定したなら、いったいどのようなタイミングで上司に報告することができるでしょうか。
基本的に言って、上司には自分の部下をきちんと管理する責任があります。
さらに、内定をもらったなら転職先の企業に入社可能な時期を知らせる責任もあります。
それで、言い出しにくいからと言って、報告する時を不必要に長引かせるなら、今の会社の上司に対しても、転職先の企業に対しても失礼に当たります。
それで、転職先が決まったなら、できるだけ早く上司に退職の報告を行なうことができるでしょう。
その際、個人的な相談があるため上司の都合の良い時に少しお時間をいただけるでしょうか、と丁寧に尋ねてみることができます。
そのようにして、まずはアポイントを取ることができるでしょう。
アポイントが取れたなら、上司にふさわしい敬意を払いつつ、自分が転職を希望していること、またそれに至る経緯などをきちんと報告します。
実際、退職の報告を聞いた上司にもするべき事柄がたくさんあります。
例えば、転職を希望するようになった経緯を聞き出した後、それを会社に報告する必要があるでしょう。
また、これまでその人が行なっていた業務の引継ぎをしなければなりません。
仮に、上司への報告が遅くなるとすれば、それだけ上司にも会社にも負担がかかることでしょう。
そのため、円満になおかつ自分の責任をしっかり果たして退職するためにも、転職先が決まり次第できるだけ早めに上司に報告するようにしたいものです。

転職先の会社は入社日を平均どれくらい待ってくれる?

転職活動の際の入社日は、一般的に内定後2週間~1か月と言われています。
どれくらい待ってくれるかという話になると、1か月~2か月と言われています。
ただし、求人情報に、「○月○日までに入社可能の方」や「入社日○月○日」という記載がある場合は、その限りではありません。
また、上記の記述がない場合でも、企業によって、個々の事情があるため、必ずしも1か月~2か月待ってくれるとは限りません。
入社日をまってもらいやすいのは、「欠員による求人」よりも「事業(部門)強化のための求人」です。
「欠員による求人」とは、社員の退職のためや事業拡大に伴って人員不足になったことなどの理由から出される求人です。
そのため、企業はできるだけ早く入社してほしいと考えていることが多いため、入社日を待ってもらうのは、難しいです。
一方、「事業(部門)強化のための求人」は、必ずしも人員不足であるわけではありません。
特に現状、人員不足ではないけれども、今後事業が拡大する可能性に備えてや現状よりも体制強化したいなどの理由から出される求人です。
現状、今いる社員で業務は問題なく行われているため、企業としても入社日をまつ余裕があります。
「欠員による求人」か「事業(部門)強化のための求人」は、求人から判断することができます。ほとんどの求人には、募集の背景が記載されています。
ですので、入社日をまってほしいと考えている場合は、求人の募集の背景を確認し、待ってもらえる可能性の高い求人に応募することが大切です。
また、せっかく内定を頂いたのに入社日の調整がつかなかったために、入社できなくなるということを防ぐためには、面接の際に確実に入社できる日を伝えておくことも大切です。

■転職を成功させるためには一歩踏み出すことが重要です
WEBデザイナーに転職しよう